住宅を美しく見せる外構、暮らしを豊かにする庭のデザインを設計・施工 なら| 株式会社悠庵へ

エクステリア・庭デザイン

  • HOME »
  • エクステリア・庭デザイン

「家力」を5割アップするエクステリアご提案します。

・現在家を計画中の方、ハウスメーカーや業者さんから提案された外構はワクワクしますか?

比較

たとえば上の3つのスケッチは同じ家で門まわりだけ変えたものです。

1は機能門柱(ポストや表札が一体となっているもの)と1.2m四方くらいの玄関ポーチ、そして化粧ブロックとフェンスで閉じています。よく見かけると思いますが、あまりワクワクするとは言えません。

2のように玄関ポーチを道路の方まで広げてみましょう。門柱は塗り壁とレンガ調のタイルなど建物のイメージにあわせています。道路に近い窓前には大きめのシンボルツリーを植えるとよいでしょう。優しく目隠ししながら木漏れ日が楽しめるお部屋になります。

3のように広くなった玄関ポーチを優しくRの壁で包み込んであげると、道路に近くてプライバシーが全くないように感じられた玄関も、少しプライバシーのある落ち着いた空間となります。この壁はポーチを取り囲む壁で、ポストや表札をつける門柱も兼ねています。

ちょっとした違いで家はずいぶん違ってみえるのです。でもお客様は最初から2や3を考えて「要望」として業者さんに伝えるのは大変です。

弊社ではお客様のこういった「言葉で説明できない気持ち」に寄り添ってたった一つの一番のプランを考えます

弊社施工例をご覧になりたい方はこちらへ

お気軽にお問い合わせください。

TEL 03-5980-8415 お問い合わせフォーム 

「手間のかかる庭」を「暮らしを豊かにする庭」に変えます。

大野さんビフォーアフター

上の左の写真は引っ越された当時古くからの植物がうっそうとしているのがずっときになって、タイルで縁取ったテラスと人工芝があってもなかな活用できずに残念な気持ちでいらっしゃいました。

このお庭を

1.お父様のゴルフの練習

2.ペットの柴犬の遊び場

3.家族でバーベキュー

の3つのテーマを盛り込んでリニュアルしたのが右の写真です。植木は全部伐採し、シンボリックに2本株立ちの木を植えています。すっきりした白い塗り壁でお隣を目隠しし、その前にコンクリートブロックでつくった肘掛けつきのソファ。そして屋外用の黒の合皮でつくったソファーマットを載せました。このソファーマットがあることでソファの座り心地は格段にあがり、全体の雰囲気もぐんと高級感が増しました。

今までは手入れがかかり出る気にならなかったお庭が家族の憩いの場になったのです。暮らしの質まで変えてしまう庭。これも100人の家族があれば100通り。じっくりお話ししてオンリーワンの庭を作りましょう。

弊社施工例をご覧になりたい方はこちらへ

お気軽にお問い合わせください。

TEL 03-5980-8415 お問い合わせフォーム 

品格のあるエクステリアとやすらぎの庭のための100リスト

弊社のこだわりのノウハウを100の文でリスト化しました。(下に一部抜粋)

A.品格とやすらぎのあるエクステリア実現のための準備編

1. エクステリアを決めるのは素材×形×コンセプト。すべてに、とことんこだわりぬくこと。

5. 建物の間取りが家の必須条件なら、エクステリアは十分条件。住宅に情緒を吹き込むのがエクステリアと思え。

6. 庭で「何をつくるか」ではなく「何がしたいか」をデザイナーに伝えよ。

7. 庭で行うことの既成概念を捨てて考えるべし。普段家の中でしていることは大概外の風を感じながらだと、より楽しく

なる。

B.おもてなしを現す門構え〜アプローチ編

17. 門柱の前には1ステップ設けよ。門構えの格式が上がり奥ゆかしさが感じられる

18. 門まわりは家の顔。門扉に妥協するならオープン外構とせよ

19. オープン外構とは門扉をつけない門構えのこと。門扉の予算を仕上げの素材などに割り当て、表情豊かな演出ができる。

20. 門柱前のステップには間接照明とせよ。陰影が深くなり昼間の表情も大きく変わる。

D.上質のやすらぎが味わえる主庭、中庭編

54.庭の共通テーマは「見心地」「居心地」「触り心地」のよさ。ずっと見飽きない。ずっといたくなる、そんな空間とすること。

55.庭はインテリア並みにカラーコーディネートせよ。タイルや石、レンガに加え、屋外用生地、木材も調色可能な塗料な どで繊細な色が表現できる。

・・・もっとご覧になりたい方は以下より会員登録後pdfファイルが表示されますのでダウンロードしてご覧ください。

http://yu-an-garden.net/資料ダウンロード/

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5980-8415 9:00~18:00(年中無休)

会社概要

株式会社悠庵

代表取締役 福永 政博

・本社
〒170-0003
東京都豊島区駒込4-14-6-306
tel 03-5980-8415
fax 03-5980-8439
mail:yu-an@qc4.so-net.ne.jp
・藤沢営業所
〒252-0815
神奈川県藤沢市石川1-10-15
tel 0466-53-9170
fax 0466-53-9170

PAGETOP
Copyright © 株式会社悠庵 All Rights Reserved.