今年の初めに竣工したお宅の坪庭の写真です。
住宅の設計の段階で和室の飾り壁の下に横長の窓を開けたというデザインはとても良いアイディアだったのですが、そこは都心部に建つ住宅の悲しいサガ。
窓に防火シャッターをつけないとならず、そのシャッターの大きさの関係で窓の下のギリギリの高さまで土があげられませんでした。

そのためせっかくの坪庭がだいぶ近くまで寄らないと下の方が見えなくなってしまっています。

建築設計の段階でこのようなところまで打ち合わせができると良いのにと思ったのでここに書いてみました。